チャンピックスと禁煙の関係性

日本でも最近喫煙層が年々増えていますが、依存性が高い程に禁煙するのが困難と言われている中、禁煙の飲み薬として最近知名度が禁煙したいけれど何度試してもなかなか続かないという方、もう禁煙はできないとあきらめてしまうのは、まだ早いと思います。禁煙に有効として多くの方が服用されている、禁煙飲み薬のチャンピックスはご存知でしょうか?まだご存知ないという方へ、チャンピックスについてご紹介致します。

 チャンピックスは日本初の経口禁煙補助薬で、別名バレニクリンという名前でも知られていますが、チャンピックスという呼び方はバレニクリンの商品名でありますので、両方に違いがあるというわけではありません。

 ではそのチャンピックスが禁煙にどの様にして効いていくのかというのをご説明致しますと、私たちがタバコを吸うと脳内のニコチン受容体という部分に、ニコチンが結合します。そしてニコチンが結合すると快楽物質であるドーパミンという成分が脳から放出されます。ドーパミンは聞いたことがある方も多いと思います。

 そしてそれがタバコを止められなくなってしまう原因でもあるわけですが、チャンピックスを服用するとチャンピックスの成分がニコチン受容体に結合します。ニコチン受容体に結合すると、タバコを吸いたくてしょうがないという衝動が抑えられます。またタバコを吸った時に美味しいと感じるのを、抑える効果もあるのです。

 禁煙したい方にとっては非常に興味深い薬だと思いますが、もし服用される場合は必ず用法用量を守って服用しましょう。健康のために服用したのに、それが裏目に出るようなことになってはいけませんので。