チャンピックスで禁煙できる理由(チャンピックスの効果)

今日こそ禁煙したいと意志を強めるも負けてしまって、明日こそ!と思うがまた一緒の結果になってしまうということになった場合、いっその事禁煙なんて無理と諦めて、また振出しに戻ってしまうのが現実ではないでしょうか。

そのようなパターンは、自己流のやり方でやっている人に見受けられます。自己流じゃない禁煙ってどんなの?って思った人、そんな禁煙があるんです。それは、車で禁煙外来のある病院に向かって、そこで診察を受けてお医者さんの指導を受けながらやるものです。

これこそがプロフェッショナルな禁煙です。行くとまず質問から始まり、帰る時には禁煙のためのチャンピックスという薬を手渡されます。へぇ~、この薬で本当に禁煙が出来るの?って半信半疑になると思いますが、それは最初のうちだけです。

チャンピックスという禁煙の薬は多くの人の吸ってしまうという行為を見事に抑えてくれます。この薬を飲んでストレスになる人は圧倒的に少ないそうです。禁煙外来は悩みを抱えた人が行く場所で、やめたくてもやめられない人たちのたまり場です。

そんな人が止められるくらいですから、チャンピックスはすごい力があります。どうして禁煙できるのかというと、ニコチンをブロックするチャンピックスの特徴にあります。タバコを吸うとニコチンがドーパミンという快楽物質を刺激するので気持ちがよくなります。

そのためにタバコが止められないという事が起こります。しかし、飲むことで脳の快楽物質を刺激するニコチンをチャンピックスはブロックします。そうすることで、タバコを吸っても気持ちよくないと感じてやめられるようになります。

チャンピックスがニコチンを抑えて強制的に脳の回路を書き換えてしまうのです。そうなったときはタバコが嫌になっていますから、やめられたことになるわけです。